デニムスーツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



当店で使用しているデニム生地は全て日本製のものです。

ただ日本製っていうだけではなくて

その中から、さらにデニムを厳選しました。

何百何千とある中から

触って、確かめて、作って、着てみて、納得して。

質感も、肌触りも、着心地も

見た目も、光沢感も、厚さも、着て確かめて。

だから自信を持ってます。

当店で使用されているデニムスーツの多くは

超長綿から作られてデニムです。

もちろんその後の工程のよって

仕上がりが変わってきます。

紡績・染色・織布・加工色んな過程を通って

また色々な方が関わって

デニム生地は作られます。

例えばほどよい光沢感と滑らかさを追求したのが

デニムスーツ「SORA」「YUEN」

裏地の美しさと色のバランスを徹底的に追求した

デニムスーツ「ZEKKA」

適度な厚みと男らしし無骨さを演出する

デニムスーツ「KORAKU」

着るほどに身体にフィットする

デニムスーツ「ICHIYOU」

デニムスーツの専門店だからこそできること。

デニムスーツだから出来る遊び心。

綿から生地になり、生地から形になる。

そこにお客様のサイズがフィットする。

フィットするから着たくなる。

1着目を購入していただいたお客様が

違うシュチュエーションで着たいのでもう一着。

それが幸せです。

日本製といっているくらいなので

もちろん日本国内の工場で縫製されています。

色々な縫製を見てきましたが

やはり日本の縫製は丁寧に素晴らしいと思います。

あとはとにかくきめ細やかなサポートができること。

これが大きな理由です。

オーダーから完成までは

お客様と当店と縫製の意思疎通が

何より重要だと思います。

生地から縫製までのタスキを日本国内で

しっかりと繋ぎたい。

何よりその気持ちが大きいかもしれません。


ページ最上部にもありますが、細部まで本格的にこだわってます。

3つボタン段返り仕様でトラディショナルで立体的なイメージに。

ラペルは程よくシャープにしてキリッとした印象を。

ボタンも全てイタリア製のものをしようしています。

すみませんここだけ日本製ではないですがお許し下さい。

どうしてもかっこよかったので。

ボタンはご要望いただければ他のものにももちろん変更できます。

裏地は高級裏地を使用したお台場仕立て(※写真はZEKKA)

袖は本切羽仕様で高級裏地まで贅沢に使用しています。(※ZEKKAのみ)

デニムスラックスはセンタープレスで

トラディショナルなイメージを与えます。

裾はシングルとダブルお選びいただけますが

ボリュームのあるダブルのほうがデニムスーツには合うかもしれません。


オーダーで一着一着お作りいたしますので

もちろんお客様の体型に合わせたものが出来上がります。

ただのジャストサイズじゃありません。

お客様とのやり取りの中で専門スタッフが

お好みのスタイルやシルエットについて

コミュニケーションさせていただき

「お好みの」ジャストサイズに仕上がります。

なので、型にはまらず

ワイドパンツも可能ですし、

スリムなパンツもお作りいただけます。

シャツとネクタイに合わせるのか

タートルネックに合わせるのか

Tシャツに合わせるのか

是非ご希望のスタイルをお申し付けください。

‥‥‥‥ダンディズムとは

「男性のおしゃれ精神。だて気質。」

と辞書にはのっています。

カッコいいことももちろんですし

デニムスーツで伊達男っぷりを発揮するのもダンディズムです。

裏地にこだわって脱いだときに裏地が輝くのもそうですね。

当店が思っているダンディズム。それは

デニューが作った服を着ていただいた時

色んなことを語っていただきたいのです。

「日本製なんです」

「デニムっていうのはインディゴを…」

「このデニムは8オンスで…」

「実はデニムなんだよこのスーツ」

などなど

日本で生地から作られたデニムスーツが出来るまでの物語。

それを是非知ってほしいし、楽しそうに語って欲しい。

これが当店が勝手に思うダンディズムです。

それでデニムの新しい可能性やデニムの面白さ。

そんなものが伝播していけばこの上ない幸せです。