デニムスーツの魅力。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デニムスーツ

デニムスーツ

contents50

デニムという素材、言わずもがなですがジーパンに使われている素材です。一体そもそもなんなんだ、という話ですが、

平たく言うと、インディゴ染色した「タテ糸」と

染色加工していない「ヨコ糸」を織った綿の素材です。

ジーパンを穿き続けたり、こすったり、洗濯すると、

染色されたインディゴが乖離して、

色落ちが発生します。

自分の肌が触れてる部分が摩擦が大きいので

体のラインにそって色が落ちていきます。

色落ちが「味」として認められている唯一の素材かもしれません。

 

contents51

デニムスーツの魅力の一つとして休日にも平日にも楽しんで着て頂けます。

色落ちMAXのデニム生地だと野暮ったさが出ますが

Denewのデニムスーツはキレイに染色された

日本国内の高品質素材を使用しております。

離れて見たら、デニムとわからないかも知れません。

しかし、近くで見ると明らかにデニム生地のスーツ

そして屋内と屋外で大きく表情を変えます。

シルエットも細身でエレガント。

ラフに着たい方も、カッチリ着たい方にもぴったりです。

 

 

 

デニムスーツ

デニムスーツ

 

 

デニムスーツ

デニムスーツ

デニムスーツの魅力の一つとして休日にも平日にも楽しんで着て頂けます。

色落ちMAXのデニム生地だと野暮ったさが出ますが

Denewのデニムスーツはキレイに染色された

日本国内の高品質素材を使用しております。

離れて見たら、デニムとわからないかも知れません。

しかし、近くで見ると明らかにデニム生地のスーツ

そして屋内と屋外で大きく表情を変えます。

シルエットも細身でエレガント。

ラフに着たい方も、カッチリ着たい方にもぴったりです。

 

 

 

 

contents54

デニムを美しく纏う。ディティールには様々なこだわりがあります。

シャープな衿とセミノッチラペル。

脱いだ時にも華やかな裏地。

袖元の重ねボタンや本切羽。

さり気なく主張するAMFステッチ。

生地は何百種類ある中からデニムスーツに合うものを選択。

ジャケットだけでもスラックスだけでも

着こなせる3WAY仕様。

思わず外に出掛けたくなる、そんなスーツです。

 

contents55

先述したようにデニムは生地の特性上着れば着るほど、摩擦が生じて色落ちが進みます。

Denewのデニムスーツは初めは色落ちしにくいように

予めウォッシュ加工を施しています。

生地が柔らかく体のラインに馴染むようにし、

一度洗っているために、数回着ただけでは色落ちしません。

※デニムスーツを洗うときはドライクリーニングで!

色落ちしてくる箇所は膝・肘などの摩擦が起こりやすい箇所です。

初めはエレガントに着こなして、色落ちしてきたらカジュアルに。

あなたと共に年を取っていくスーツです。

そんな楽しみ方もデニムスーツならではです。